メニュー

マイオピン

目次

  1. マイオピン(低濃度アトロピン0.01%点眼薬)について

マイオピン(低濃度アトロピン0.01%点眼薬)について

子どもの近視は、主に眼球が楕円形 に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。 そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。


低濃度アトロピン0.01%点眼薬は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的に Singapore National Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発・製造されています。

低濃度アトロピン0.01%点眼薬が選ばれる理由

低濃度アトロピン0.01%点眼薬は、近視の進行を遅らせる(眼軸長の進展を抑制する)という点で、統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている治療法の一つです。

  • 近視の進行を平均約60%軽減させると言われています。
  • アトロピン0.01%の効果は点眼を2年間継続した後によるものです。
 

低濃度アトロピン0.01%点眼薬の安全性

低濃度アトロピン0.01%点眼薬は副作用が非常に少ない近視進行抑制薬と言われています。

  • 重篤な副作用の報告はありません。

低濃度アトロピン0.01点眼薬は、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時に、アトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。そのため、点眼薬本来の作用によって、一時的に瞳孔(黒目)が大きくなりまぶしく感じることがありますが、数時間で元に戻るため心配ありません。

また、下記についても安全性が確立されています。

出典:Chia A, Lu QS, Tan .Five-Year Clinical Trial on Atropine for the Treatment of Myopia 2: Myopia Control with Atropine 0.01% Eyedrops Ophthalmology. 2016 Feb;123(2):391-9

低濃度アトロピン0.01%点眼薬治療について

低濃度アトロピン0.01%点眼薬は、近視進行抑制治療として有効性が証明されており、副作用も少なく、軽度または中等度の近視の方、6-12歳の学童の方にオススメの治療です。

ただし、有効性が証明されているのは2年間継続した場合のデータであるということ、9%の方には無効であったという事実も理解して治療に臨んでいただく必要があります。また、視力回復を期待する治療ではなく(調節緊張が視力低下の原因であった場合には改善することもあります)、あくまでも近視の進行抑制を期待する治療です。

低濃度アトロピン0.01%点眼薬は自費診療です。治療について理解していただき、効果を信じて継続できそうな方が使用するべき点眼薬です。

初回は保険診療にて近視の度数等を確認させていただきます。後日、点眼薬処方となりますのでご了承ください。以降は1~3ヶ月ごとの通院が必要になります。点眼薬処方や定期検査は自由診療となりますのでご注意ください。

費用について

マイオピン処方は自費診療となります。

検査・処方料

2,200円(税込)
初回・1ヶ月後・3ヶ月毎

マイオピン0.01%

1本 3,300円(税込)

マイオピン0.025%

1本 3,960円(税込)

初回保険診療で「近視」を確認させていただいてから、後日処方となりますので、保険証や医療券をお持ちください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME