メニュー

院長挨拶

こんにちは。大宮駅いけだ眼科 院長の池田佳介です。

私にとって大宮という地は、幼少期から大学卒業までを過ごした大変ゆかりのある場所です。そんな大宮という地に、1人の眼科医として再び戻ってくることが出来たことを非常に嬉しく思っております。

人が得る情報の約8割は視覚からと言われています。生活をしていく上で最も大切といっても過言ではない“目”を扱う眼科医として、大宮という地にご縁のある方々のお力になれるよう努めさせていただきます。

大宮駅いけだ眼科のロゴマークは、大宮駅のシンボルである豆の木(愛称)をイメージしました。目でお困りのことがあった際に、人々が安心して集まる場所でありたいという願いと、大宮駅いけだ眼科が、一緒に働くスタッフと共に大きく育っていきたいという目標が込められています。

私達の体の中で非常に小さな組織である目には、驚くほどたくさんの疾患が存在します。生活をしていく上で非常に大切な役割を担っている目にトラブルが生じてしまえば、大きな不安を感じられる方が多いはずです。

医師と患者であるだけでなく、人と人との繋がりであることを忘れずに、当院を受診された方々が、安心し、納得して治療を受けていただけるよう、皆様のお話を聞き、丁寧でわかりやすい説明を心がけていければと思います。

眼科で扱う疾患の中には、白内障をはじめ、網膜剥離、重症な糖尿病や緑内障など、手術加療を必要とする場合もございます。当院ではレーザー加療や硝子体注射など、幅広い疾患に対応できるように準備をしておりますが、現時点で手術室は完備しておりません。当院で十分な対応が難しいと判断せざるを得ない場合には、地域の基幹病院や大学病院へ速やかに連絡を取り、適切なタイミングで治療を提供できるよう責任を持ってご案内させていただきます。

「あの先生に話を聞いてもらいたい。」
「あの先生に相談すれば何とかしてくれる。」
「あの先生のところへ行けばどうしたらよいのか教えてくれる。」

そういったクリニックに成長していけるよう日々精進し、自身もスタッフとともに成長していければ幸いです。

目の症状でお困りのことがありましたら、気軽にご相談ください。

院長 池田 佳介

院長略歴

平成13年(2001年) さいたま市立大宮南小学校卒業
平成16年(2004年) さいたま市立大宮南中学校卒業
平成19年(2007年) 慶應義塾大学志木高等学校卒業
平成25年(2013年) 慶應義塾大学医学部医学科卒業
平成27年(2015年) 東京歯科大学市川総合病院 初期臨床研修修了
平成27年(2015年) 慶應義塾大学医学部眼科学教室入局
平成27年(2015年) 慶應義塾大学病院
平成29年(2017年) 国立病院機構埼玉病院
平成31年(2019年) 埼玉メディカルセンター 眼科医長
令和3年(2021年) 大宮いけだ眼科 院長就任

資格

平成25年(2013年) 医師免許取得
平成31年(2019年) 日本眼科学会専門医取得
平成31年(2019年) オルソケラトロジー認定医

所属学会

  • 日本眼科学会
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME